FXでの失敗談。初心者に読んでほしい、失敗から学んで成功を増やす

FX

FXを始めてはみたものの、全然利益が上がらず、失敗することがあると思います。

FXは基本的に「二択」です。相場が上がるか下がるかを予想して、「買い」で入るか、「売り」で入るかを決めます。

ビギナーズラックの様な、とりあえず「買い」で入ったら運よく円安が進んで利益が出た。ということもあるでしょうが、なかなか長くは続きません。

基本的なことかもしれませんが、失敗をしながら、なぜ失敗したのかを考えて、次に活かしていけば成功は増えてくると思います。

ということで、私の今までの失敗を書き出してみます。

今から書くことは全部失敗したことです。真似されないようお願いします。

レバレッジ最大で取引をする

私がFXを始めたときの入金額は5万円でした。

5万円入金なので、最大で約1万ドルで取引ができました。

初めの頃は何も分からないというのもありましたが、利益を多く出すためには、最大で取引した方が早いと思っていたので、何も考えず1万ドルで取引を繰り返しました。

利益が100円とかですぐ決済して、少しずつ利益が増えました。

しかしこれだと、相場が大きく変動したときにどうしようもありません。

思っていた方向と逆に相場が動いてしまうと、証拠金が足りなくなり、すぐにロスカット(入金したお金を守るために、その手前で強制的に決済を行うこと)をされてしまします。

ロスカットされないためにもある程度余裕をもたせて、取引額を決めましょう。

今は私はだいたい1/10くらい、1万ドルが最大なら1000ドルくらいでするようにしています。

両建てをする

「両建て」とは、買いポジションと売りポジションを両方同時に持つことです。

例えば、「買いで入ったけれども、相場が下がりそう」というときに、買いで入ったポジションはそのままに、「売り」でもポジションを持つことができます。

結果、相場が下がれば、「売り」で入ったポジションでは利益がでます。

ただ、「買い」で入ったポジションはそのままなので、下がった分、損失が増えています、決済するまでは確定しませんので、上がるのを待つという方法もあります。

この場合は売りで決済ができたのでよかったですが、私が行った失敗は、「買い」と「売り」が離れてしまったときに両建てをしていました。


『102円で買いポジションを持つ』

相場が下がってしまって、まだ下がると思い

『100円で売りポジションを持つ』


「売り」で入ったポジションが下がれば決済しようと思っていたのですが、100円から102円の間をうろうろする相場が続いて、何もすることができなくなりました。

「買い」も「売り」もマイナスの状態です。

どうしようもないので、損切りしましたが、決断するのが遅くなって、何もできない時間がもったいなかったです。

早めに損切りして、取引回数を増やした方が利益が出ました。

今では「両建て」は、ほぼやっていません。

チャートを1つしか見ない

FXのチャートは時間ごとに分かれています。

1分、5分、30分、60分、1日・・・

最初のころは、ポジションを持って少しでも利益がでたらすぐ決済していたので、5分のを見ていました。

それだけしか見ていなくて、長期でみるとどうなのかを意識していませんでした。

5分では上昇しているチャートでも、30分や1日のチャートが下降していると、だいたい下がります。そして下がり幅が大きいです。

長期でみて、今はどっちの動きが強いかを見極めるのが大事です。

私がよく見るのは30分と1日です。

そして、トレードも1日に1回~5回くらい、動きがよく分からないときは、無理せずトレードをしません。

テクニカ分析をしない

FXは上がるか下がるかなので、そこを予想すればいいわけですが、何も手助けがないと分かりません。

ただ単純に上がりそうだ、下がりそうだ。では無理があります。(私は最初そうでしたが・・・)

そこでテクニカル分析を使ってみることにしました。

移動平均線などが代表的ですが、私は他に、「MACD」や「ストキャスティクス」を使っています。

テクニカル分析を使うことで、「ここまでは上がるかも」、「ここからは下がるかも」という予想が立てやすくなりました。

相場の動きを100%予想するのは誰にもできないとよく目にしますが、その確立を1%でも上げるのが「テクニカル分析」だと思っています。

ぜひ使ってみてくださいね。

その他

私はよく、お手軽なのでスマートフォンでトレードをするのですが、ミスタッチに気を付けてほしいです。

そんなことしないよ。と思われるかもしれませんが、私は何度かやらかしてます。(^-^;

タイトルとURLをコピーしました